企業からスカウトが届く!就活生必須級アプリ。DLはこちら▶︎キャリアチケットスカウト

iPadにBluetoothマウスを接続する方法&オススメ設定!

  • URLをコピーしました!
この記事はこんな方にオススメ!

iPadにマウスを接続する方法と設定方法を知りたい!

便利なマウス操作(アクション)を知りたい!

画像/動画編集など,iPadで本格的な作業を行う方

ブログ管理人

こんにちは,デクノです。

「iPadは、Bluetoothマウスを接続して使うと想像以上に便利」って知っていましたか?(唐突)

今回は『iPadにマウスを接続する方法と,オススメの設定』をお伝えします。

iPadで本格的な作業を行う方は必見です!

目次

iPadにマウスを接続するメリット・デメリット

※お急ぎの方は、iPadにBluetoothマウスを接続する方法からご覧下さい。

ブログ管理人

iPadにマウスを繋ぐと、どんな利点があるのか教えてっ

マウスを使うメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
デメリット
  • 限りなくPCに近づくが、デスクトップPCやノートPCの操作性には流石に敵わない
  • 外で使用する際、持ち運ぶものが増えてしまう

“作業性が大幅に改善される“という大きなメリットがあります!

一方で、マウスという付属品が一つ増えるのでスマートさが若干減少する点、マウスを使用しても操作性はPCには敵わないといったマイナスポイントも把握しておきたい点です。

とはいえ、実際に使ってみるとメリットの方が遥かに大きいと感じています!

現に私は、ブログ作成効率がぐーんとUPしました。

文章作成や画像/動画編集など,iPadで本格的な作業を行う方は恩恵を大きく受けられますので、当てはまる方は是非試してみて下さい。

iPadにマウスを接続する方法

iPad OS13.4以降対応のiPadBluetoothマウスがあれば,カンタンに接続可能です。

iPad OS13.4以降が必須。古めのiPadを使用している方はご注意を!(iPad Pro,ipad(第5世代)以降,iPad Air2以降,iPad mini4以降のモデルであればBluetoothマウス接続が可能です。)

それでは、実際に接続をしてみましょう。

※今回は、iPad Air4とLogicool PEBBLE M350を接続しました。当マウスは非常にスリム、かつコスパも良いため、iPadと共に持ち運ぶマウスとしては非常にオススメです。

iPadとBluetoothマウスの接続方法(写真付き)

①Bluetoothマウスの電源をONにし,ペアリング可能な状態にする。

大抵の場合、マウス裏側のボタンを押すとペアリング可能な状態になります。(マウスによって異なる)

②iPadの『設定』アプリ→『Bluetooth』を開き,ペアリング状態のマウスを探す。

『その他のデバイス』に“Logi Pebble“が見つかりました(マウスによって表記名は異なる)。この“Logi Pebble(マウス名)“をタップすると,iPadとマウスのペアリング(接続)が行われます。

③『その他のデバイス』から『自分のデバイス』に“Logi Pebble(マウス名)”が移動すると接続完了。

無事に接続が完了すると、『自分のデバイス』に移動します。マウスを動かしてみましょう!

ブログ管理人

カンタンに接続できるんだねっ

マウスの設定&調整方法

『設定』アプリ内から設定できますが、若干分かりにくいので下記説明を見ながら設定してみて下さい。

ブログ管理人

ポインタのサイズや色、スクロール速度などを設定できます

『ポインタコントロール』の設定

設定』アプリ→『アクセシビリティ』→『ポインタコントロール』を選択

ポインタコントロール』で設定出来ること

・コントラストを上げる→ONにするとポインタが暗くなり透明度が下がるため、背景に紛れにくくなる

・自動的にポインタを非表示→ONにすると、ポインタを動かしていないときに自動で非表示になる

・カラー→ポインタの色を変える

・ポインタのサイズ→ポインタの大きさを変更する

・ポインタアニメーション→アニメーションのON/OFFを切り替える(状況に応じてポインタの形が変わる)

・スクロールの速さ→スクロールの速さを変える(左が遅く、右が速い)

『トラックパッドとマウス』の設定

設定』アプリ→『一般』→『トラックパッドとマウス』を選択

『トラックパッドとマウス』で設定出来ること

・軌跡の速さ→ポインタを動かしたときの速度(反応性の良さ)を調節する

・ナチュラルなスクロール→スクロールの向きを変更する。

ON:マウスのホイールを上に回すと下に,下に回すと上に(Macと同じ設定

OFF:マウスのホイールを上に回すと上に,下に回すと下に(Windowsと同じ設定

・副ボタンのクリック→副ボタン(右クリック)機能の割り当てを設定する。

『AssistiveTouch』の設定(各ボタンへの動作の割り当て)

マウスの各ボタンに、今とは異なる機能を割り振ることも可能です。

例えば、マウスの右ボタンに『ホームに戻る』機能を割り振ると、右クリックするだけでホーム画面に戻れるようになるぞ

複数のボタンが付いているマウスの場合、それぞれのボタンに機能を割り振れるためこの機能をフル活用できます。

設定』アプリ→『アクセシビリティ』→『タッチ』→『AssistiveTouch』をON→『デバイス』→『(マウス名)』を選択

動作を割り当てたいボタンをクリックすると、動作の割り当てが出来るようになるので、望みの動作を選択する

よく使う動作をうまく割り当てて、使いやすい環境づくりを行なってみましょう!

【ちょっとひと休み…】マウスボタンにどの動作を割り当てるべきなのか!?

実際に各種動作を割り当てて作業を行なってみました。「使い勝手が良さそう」と感じた機能は以下三点です。

一番のオススメは『スクリーンショット』です。ワンクリックでバシバシっとスクショできるので、ブログ作成に重宝しています。

また『下にスクロール』も便利です。マウスを動かさずとも、クリックだけで半画面ほど下にスクロールしてくれます。(トラックボール型マウスを使っている場合は不要ですね)

外で作業をする方は『画面をロック』をボタンに割り振るのも有りでしょう。離席時などにこまめに画面ロックをすれば、情報漏洩リスクを下げられます。

勿論、皆さんのiPadの使用用途次第でどの機能が便利かは変わってきます。色々と試してみるのも面白いですよ!

オススメのマウス設定

私のオススメ設定をまとめました。参考にしていただければ幸いです。

項目オススメ設定
コントラストを上げるON
自動的にポインタを非表示お好みで
カラーON(OFFだとポインタが見にくい)
ポインタのサイズお好みで
ポインタアニメーションON
スクロールの速さお好みで
軌跡の速さお好みで
ナチュラルなスクロールMac派ならON
Windows派ならOFF
副ボタンのクリックお好みで(私は“右で“使用)
ブログ管理人

特に、『カラー』と『ナチュラルなスクロール』は設定必須

iPad特有のマウス操作(アクション)

iPadにマウスを接続すると,単にクリックやドラッグが出来るだけでなく,アクションによる操作も可能です!こちらも上手く使いこなせば作業効率化・省力化に繋がりますよ。

動作マウスのアクション
Dockを開くポインタを画面下まで持っていく
ホーム画面に移動するポインタを画面下まで持っていき、Dockが表示されたら更にマウスを下に移動させる
Appスイッチャーを開くホーム画面の状態で、ポインタを画面下まで持っていく
通知センターを開く・左上のアイコン(時間や日付)をクリックする
・ポインタを画面左上まで持っていく
コントロールセンターを開く・右上のアイコン(バッテリーや電波状況)をクリックする
・ポインタを画面右上まで持っていく
ブログ管理人

画面端までグイッとポインタを持っていくのがコツだっ

さいごに

今回は、iPadにマウスを接続する方法と設定方法をご紹介しました。

iPadを限りなくPCに近づけることができるので、iPadで複雑な作業を行う方は是非お試し下さい!

それでは、今回はこれでおしまい!最後まで有難うございましたっ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Please Share!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる